ヒアルロン酸

こんな方におすすめ

  • 深く刻まれたしわの改善
  • ほうれい腺、マリオネットネットラインの改善
  • 目の下のくぼみ、クマの改善
  • 上瞼のくぼみの改善
  • 涙袋の形成
  • 鼻を高くする
  • こめかみの凹みの改善
  • くちびるをふっくらさせる
  • あごの形を整える
  • 豊胸

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸はもともと人の体内にあるもので、保水性に優れ、肌の張りや弾力を保っています。
このヒアルロン酸をしわや窪みの部分に直接注入し、持ち上げることで、しわや窪みを持ち上げて平らにし、目立たなくすることができます。
用途や注入部位によって、いろいろな硬さの物から適した物を選んで使用します。

やわらかいタイプのヒアルロン酸は目の近くなどの皮膚が薄い部分に適していますし、もう少し硬いタイプのものはほうれい線など皮膚のしっかりした部分に使用します。
鼻を高くしたり、あごをとがらせる場合はより硬めの物も使用します。

近年、皮膚の活性化成分を含有した新コンセプトのヒアルロン酸も登場し(リデンシティー)、吸収されながら皮膚の質感も改善し、治療を繰り返すことで、単に形をきれいに整えるだけではなく、徐々に肌自体の改善を進めてゆくことができるようになりました。

美肌ヒアルロン酸 Redensity(リデンシティー)

従来のヒアルロン酸は、しわやくぼみを持ち上げ、形をきれいに整える事を重視したもので、皮膚自体の老化を防いだり、皮膚を若返らせたりする効果はあまりありませんでした。新コンセプトヒアルロン酸Redensity(リデンシティー)は、非常に質感のなめらかなヒアルロン酸に加え、皮膚を活性化して老化を防ぐ成分として、8種類のアミノ酸・抗酸化剤・ビタミン・ミネラルなどが配合されており、肌の含水量を高め、質感を若返らせる反応を起こします。気になる部分に注入することで、しわを持ち上げるだけではない、根本的なエイジングケア※を行うことができます。はじめは3週間くらいの間隔で3回ほど繰り返し行うと、肌の改善がさらに進みます。

ヒロクリニックウェブコミック

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸の特徴

しわやくぼみに沿ってヒアルロン酸を注入することにより、しわやくぼみを目立たなくする即効性の効果が得られます。
ピンポイントに気になる部分を直接目立たなくさせる効果に優れ、若々しい印象になります。またヒアルロン酸を膨らませたい場所の皮下に注入することによって、形を整えることもできます。

ヒアルロン酸治療の流れ

  • カウンセリング
  • 希望により塗る麻酔
  • 冷却
  • ヒアルロン酸注入
  • スキンアップ

ヒアルロン酸治療の効果

肌は28日周期で細胞が生まれ変わります。(ターンオーバー)効果
紫外線・ストレス・老化などの影響を受け、このサイクルが崩れるとニキビ・くすみ・小じわのどさまざまなトラブルが生じます。
ケミカルピーリングは肌の表面の角質や毛穴の汚れを取り除き肌のターンオーバーをスムースにします。ケミカルピーリングによって古い角質や毛穴の汚れが取り除かれると、肌は新陳代謝を活発にし、どんどん新しい細胞を作り、新しいお肌へと生まれ変わります。新陳代謝が活発になり新しい細胞が作られることにより、お肌環境を改善し、にきび・くすみ・小じわなどさまざまのトラブルを解決します。

ヒロクリニックならでは

非常に細いハリで、隙間なく細かく注入してゆきます。

水光注射の成分

治療箇所に内出血が生じる場合がございます。
内出血が生じる原因は、注射針が偶発的に見えない毛細血管に当たってしまうことによるものです。
通常、1週間~2週間くらいで跡を残さず消えてしまいます。
治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。治療直後は日によって盛り上がって見えたりすることがありますが、押しならして整えることができます。
2週間程度でお肌の中で定着してきます。 注射した当日は、強い熱を加えない、強く押したりマッサージをすることは避ける、注射した部位を必要以上にいじらないことなどにご注意いただければ、通常の日常生活に支障はありません。

料金表

施術名 価格
ヒアルロン酸 0.1CC 5,000円~
ヒアルロン酸 1本 45,000円〜

水光注射料金表

施術名 トライアル 1回 3回セット
水光注射 <全顔> 38,000円 50,000円 120,000円
水光注射 <目の下~頬> 33,000円 42,000円 98,000円
水光注射 <首> 36,000円 48,000円 114,500円

※価格はすべて税別になります。

よくある質問

ヒアルロン酸って何ですか?
ヒアルロン酸とは人体の体内に(特に皮膚や関節に多く)含まれている成分です。保水力に優れていて、肌の張りや弾力を保っています。
ヒアルロン酸には色々な種類がありますが、違いは何ですか?
医療用ヒアルロン酸には、関節治療用と美容整形用があります。関節治療用のヒアルロン酸はすぐに吸収されてしまうので、美容治療には向きません。 一方美容用のヒアルロン酸は製品によって分子の大きさや架橋がことなり、治療効果が長く持続するように作られています。また、医療用・美容用どちらのヒアルロン酸もバイオテクノロジーで作られた非動物由来製剤ですので、感染の心配はありません。
ヒアルロン酸はなぜ効果が長く持つのですか?
ヒアルロン酸の吸収を遅くするために、ヒアルロン酸の分子間に人工的な結合部分(架橋)を作り体内に長く留まるよう処理されているからです。
ヒアルロン注射でアレルギーは起こしませんか?
ヒアルロン酸はもともと人の体内にある成分ですのでアレルギーを起こす心配はほとんどありません。
ヒアルロン酸でアレルギーを起こす頻度は0.0012%という報告があり、関節治療で長年使用されその安全性は証明されています。
副作用はありますか?
ヒアルロン酸では以下のような治療ができます。目下のクマ・タルミ、ほうれい線、マリオネットライン(口元からアゴにかけてのしわ)、額・目尻・眉間の深いしわ、こめかみや頬の凹み、鼻を高くする、唇をふっくらさせる、アゴを出す、豊胸など。
この他にもヒアルロン酸治療適応箇所がございますので詳しくはご相談ください。
ヒアルロン酸注射に痛みはありますか?
注入部位により痛みの差はありますが、ヒアルロン酸は粘度が高いため注入時に多少の痛みを伴います。当クリニックでは痛みを最小限に抑えるため、麻酔入りのヒアルロン酸のご用意もございます。
また、塗る麻酔のご用意等もございますのでご安心ください。
ヒアルロン酸注射をした後、次はいつ注射をすればよいですか?
ご希望があれば、同日の追加注入も可能です。また、ヒアルロン酸は除々に吸収されますので、気になりだしたら追加注入されることをお勧めいたします。
ヒアルロン酸注射後に気をつけることはありますか?
ヒアルロン酸注射後は通常の日常生活ができますので、治療後すぐにメイクをされてもかまいません。 入浴や運動も可能ですが、当日注入部位への強いマッサージはお控えください。
目の下のクマがひどく小じわも気になります。ヒアルロン酸注入を考えていますが、目の下なので痛みなどが気になります。
目の下のくまについてですが、くぼみで陰になる状態がお気になるということでしたら、その部分だけ即効性に改善する方法としてはヒアルロン酸が向いています。 ヒアルロン酸注入には極細の針を使用し、また、ヒアルロン酸自体に麻酔を混ぜた製剤を使用しておりますので、お痛みは大変軽くなっております。 どの患者様もほとんどおつらくないとおっしゃっていただける程度です。
注射が苦手、注射のリスク(内出血など)が心配という場合には、皮膚自体を引き締めてハリを出し、くまや小じわを目立たなくしてゆく、機械を当てる治療などもございます。 実際の状態を拝見して、一番気になる症状やご希望に合った治療法をご案内させていただきます。
ヒアルロン酸注入について、実際施術を受ける場合、当日の実施は可能か、もしくは事前カウンセリングが必要か教えていただければと思います。 また施術当日のおおよその所要時間も併せて教えていただければと思います。
ご相談においでいただき、結果により同日に治療をご希望であればそれも可能です。治療時間は30分もあれば可能です。治療部位が狭い場合は、その部分だけをメイク拭き取り、消毒を行わせていただきます。当日からメイクや洗顔は可能です。
ほうれい線のヒアルロン酸注入の効果と料金を教えてください。
ヒアルロン酸注入は、気になるシワをピンポイントに、またすぐに目立たなくしたい時におすすめです。シワを持ち上げ、平らに見せる効果に優れています。 徐々に分解され、半年程度で徐々にシワが復活してきますので、定期的に注入を繰り返す必要があります。料金はシワの深さや使用量により異なりますが、最低5万円程度は必要なことが多いです。
当日施術を受けられると伺ったのですが、カウンセリングからの所要時間はおおよそどのくらいでしょうか。 また、妊娠している場合も施術は受けられるのでしょうか。
症状を拝見して、適切な治療方法をご案内させていただき、当日ご希望であればそのまま治療をお受けいただく事も可能です。 カウンセリングが30分弱、治療はヒアルロン酸ですと20分程度です。

また、ご妊娠中の施術についてですが、ヒアルロン酸は体内にも存在する成分で、皮膚に注入したからと言って、胎児に悪影響を起こすようなことは理論上は考えにくいものです。

ただし、注射の痛みなどでのストレスが全く影響しないとは言えないこと、どのような治療も、わざわざ妊婦さんにおこなってみて安全かどうかを確かめるような検査はしていないため、安全性の確立は出来ていないとしか申し上げにくい点があります。
妊娠していることがわかっている場合にはあえておすすめは出来ませんので、あとはご自身のご判断でお願いいたします。
PAGE TOP